refresh更新情報
この記事は2020/10/10に修正を加え、アップデートしています。

テレビCMでもお馴染み・ワタミの宅食は、できたてのお弁当を毎日まごころスタッフが配達してくれる人気の宅配食事サービスです。

そのワタミの宅食から冷凍のお惣菜をクール宅急便でお届けする、ワタミの宅食ダイレクトが2017年11月にはじまりました。

どちらのサービスも食事の準備に困っている人に便利ですが、冷蔵と冷凍にはそれぞれのメリット・デメリットがあります。

そこでここでは冷蔵で毎日届くワタミの宅食と冷凍でまとめて届くワタミの宅食ダイレクトの違いを、比較しながらまとめてみました。

またワタミの宅食の見守りサービスについても紹介していますので、参考にしていただけたら幸いです♡

ワタミの宅食とワタミの宅食ダイレクトを比較♪

ワミの宅食&ワタミの宅食ダイレクト

ワタミの宅食・5日分(冷蔵) ワタミの宅食ダイレクト・7食セット(冷凍)
値段 ・まごころ手鞠/2,450円(税込)
・まごころおかず/3,080円(税込)
・まごころダブル/3,400円(税込)
・まごころ御膳(ご飯付)/2,900円(税込)
・野菜を食べる習慣(野菜のお惣菜)/290円(税込)/1食
※ 定期購入あり
・おまかせコース/4,667円(税込)/定期購入4,200円(税込)
・塩分カロリーケアコース/3,889円(税込)/定期購入3,500円(税込)
1食あたりの値段 ・490~680円 ・556~667円
配送料 ・無料 ・1回の注文につき全国一律800円(税込)
お届け方法 ・まごころスタッフが毎日手渡し ・ヤマト運輸のクール宅急便でお届け
支払方法 ・現金(まごころスタッフに支払)
・クレジットカード(インターネットの注文のみ)
・口座引落(まごころスタッフから用紙をもらう)
・クレジットカード
・代金引換
・後払い(コンビニ・銀行・郵便局)

ワタミの宅食のお弁当は種類が豊富で、おかずの量やご飯付・ご飯なしが好みで選べます。

ワタミの宅食ダイレクトは冷凍のお惣菜セットで2種類ですが、塩分とカロリーに配慮した塩分カロリーケアコースがあります。

アイコン

冷蔵タイプのお弁当は、「料理の手間を一切なくしたい」「気軽に毎日食事をとりたい」と考えているご高齢に方にオススメです。

また「普段は食事の支度をしているけれど、今日はちょっと手を抜きたい」「今日は食事の支度をしている暇がない」という人に、冷凍のお惣菜セットは向いていると思います。

ワタミの宅食とワタミの宅食ダイレクトに共通するメリット

バランスの良い食事をすすめる栄養士さん

  • ワタミの宅食とワタミの宅食ダイレクトに共通するメリット
  • 多彩なメニューは専任の管理栄養士が担当しているので安心!
  • 塩分・カロリーや品目数に配慮したバランスのいい食事がカンタンに食べられる!
  • 仕事で帰宅が遅くなってもカラダ思いの食事が食べられる!
  • 買い物や料理、後片づけの手間がはぶける!
  • ご高齢の方・産前産後のママなど、料理がしにくい人に便利!
  • 無駄な食費がおさえられる!
  • 食材や作った料理が余らない!

カラダにいい食事を毎日食べるのが大切だとわかっていても、いざ栄養バランスを考えて食事の支度をするのは手間がかかります。

ワタミの宅食もワタミの宅食ダイレクトもカロリー・塩分を控え、出汁の風味を生かしてプロの管理栄養士がメニュー作りをしているので安心です。

好みのワタミの宅食を自分のペースに合わせて注文しておけば、わざわざ買い物に行って重い荷物を持ち帰らなくても栄養バランスを考えて料理を作らなくても、美味しい食事が食べられます。

これまで時間や労力を使って作っていた食事の準備のわずらわしさがなくなるのが、宅配食事サービスの魅力です♪

ワタミの宅食のメリット・デメリット

ワタミの宅食・白身魚の西京焼き盛り付け例

毎日届くワタミの宅食のメリット

ワタミの宅食・鍵付き安全ボックス

  • ワタミの宅食のメリット
  • まごころスタッフによる見守りサービスが毎日ある
  • まごころスタッフに直接連絡が取れる
  • 配送料が無料
  • 種類が5種類と豊富なので、好みのお弁当を選びやすい
  • カギ付き安全ボックスが無料で貸してもらえるので、安心して出かけられる
  • 作りたての料理が電子レンジ1分だけで食べられる

冷蔵タイプのワタミの宅食は、作りたてのお弁当を毎日無料で自宅まで届けてもらえます。

毎日決まった時間にまごころスタッフがお弁当を手渡ししてくれるので、ひとり暮しで人とのコミニュケーションが取りにくい高齢の方でも、会話をする機会ができる魅力があります。

田舎に離れて暮らしているご両親が心配という方でも、毎日安否確認をしてもらえて安心できます。

カギ付きの安全ボックスを無料で貸出してもらえるので、出かける機会が多い人でも気にせずに出かけられます。

ワタミの宅食のデメリット

  • ワタミの宅食のデメリット
  • 配送エリア外は配達してもらえない
  • 1日単位での注文ができず5日分注文
  • 水曜日注文締切で翌週月曜日からの配達なので、急ぐ時に間に合わない
  • 注文したらお弁当がいらない日でも休めない
  • 賞味期限が当日の22:00までと短い
  • お腹が減っていてもお弁当が届かないと食べられない

作りたてのお弁当が毎日届けてもらえるメリットのあるワタミの宅食ですが、注文したくても住んでいる地域が配送エリア外だと注文できません。

明日からすぐに食べたい時でも翌週からしか配達してもらえず、最低5日分からしか注文できません。

お弁当は保存できるのは当日の22:00までで翌日には食べられないので、若干融通が利かないと感じる部分があります。

冷凍でまとめて届くワタミの宅食のメリット・デメリット

ワタミの宅食ダイレクト・チキンハンバーグおろしポン酢盛り付け

ワタミの宅食ダイレクトのメリット

  • ワタミの宅食ダイレクトのメリット
  • いつ注文しても2~3日で届く
  • 冷凍でまとめて届くので受取が楽チン
  • 保存期間が長い
  • 好きな時に食べられる
  • 電子レンジ3~5分で簡単調理できる
  • 4食のお試しセットがある

冷凍のお惣菜がまとめて届くワタミの宅食ダイレクトは、いつ注文しても2~3日すればすぐにクール宅急便で届きます。

冷凍庫にストックしておけばご飯の支度に困った時に、電子レンジで5分前後温めるだけですぐに食べられて便利です。

保存技術の向上で冷凍とは思えないほど美味しく仕上げられているので、自分で作った料理と同じように楽しく食事が食べられます。

4食入りのお試しセットが送料無料で購入できるので、気軽にお試しできるのもいいところではないでしょうか♪

ワタミの宅食ダイレクトのデメリット

  • ワタミの宅食ダイレクトのデメリット
  • おまかせコースと塩分ケアコースの2種類しかない
  • 冷凍庫に保存スペースが必要になる
  • 宅配便配送料が毎回800円(税込)かかる

冷凍タイプのお弁当は受取が楽チンというメリットはありますが、まとめて受け取るので冷凍庫にかなりのスペースが必要になります。

また自社スタッフが届けてくれる冷蔵タイプと違い宅配業者の配達になるため、注文する度に800円の配送料がかかります。

冷凍庫の空きスペースにもよりますが、できるだけまとめて注文する方が料金がおトクです。

他社とはひと味違う!ワタミの宅食の見守りサービス♪

ワタミの宅食・まごころスタッフ

冷蔵タイプで毎日お弁当を届けてもらえるワタミの宅食では、まごころスタッフがご自宅まで商品を配達する特性を生かして、地域の見守りサービスを実施しています。

宅配食事サービスで見守りサービスを実施している会社は他にもありますが、ワタミの宅食の見守りサービスの違う部分は地域や行政と連携してしていることです。

なにか異変に気がついた場合は、市区町村の指定の連絡先に通報。

お弁当を届けるご家庭だけでなく、地域に貢献する見守りサービスを行っています。

※この取り組みを実施していない地域もあります。

ワタミの宅食とワタミの宅食ダイレクトの違い*まとめ

ワタミの宅食&ワタミの宅食ダイレクト

冷蔵タイプのワタミの宅食と冷凍タイプのワタミの宅食ダイレクトの違いについて紹介しましたが、お役に立つ情報になりましたか?

一番気になるお味についてはどちらも実食しましたが、昆布とカツオのお出汁の風味が生きていて、どちらもとても満足できました♡

毎日食べたい方は冷蔵タイプのワタミの宅食で、イザという時パパッと食事の支度をしたい方は冷凍タイプのワタミの宅食ダイレクトで、お弁当の味を試してみてはいかがでしょうか♪

※ 冷蔵タイプのワタミの宅食の公式ホームページはこちらから ↓

売上NO.1テレビCMでおなじみ!
ワタミ公式ページを見てみる

※ 冷凍タイプのワタミの宅食ダイレクトの公式ホームページはこちらから ↓

1食556円〜冷凍惣菜
ワタミの宅食ダイレクト公式ページ

※ 毎日届く冷凍タイプのワタミの宅食の実食レビューはこちら✩

便利で美味しいのにカロリー、塩分控えめ!ワタミの宅食・まごころ手鞠*実食レビューまとめ

※ 冷凍タイプでまとめて届くワタミの宅食ダイレクトの実食レビューはこちら✩

レンジで5分!手軽ですぐ美味しいワタミの宅食ダイレクト*実食レビューまとめ