こだわりの野菜や無添加食品などの幅広い品ぞろえを誇り、会員数18万人を超える食品宅配大手のOisix(オイシックス)。

食品宅配を注文をするうえで、気になるポイントは色々あるかと思います。

美味しさや便利さはもちろんですが、「食材の安全性」というのも重要なポイント。

農薬や添加物、放射能など安全性で気になる事はたくさんあります。

今回は農薬や添加物などの使用状況から、オイシックス食材の安全性をチェックしていきたいと思います!

吹き出し/ライターたっさん

僕にも5歳の娘がいます。食材の安全性は小さな子供がいると特に気になりますよね。一緒にチェックしていきましょう!

オイシックスの食材に対する考え方

太陽の光を浴びた畑

オイシックスが扱う食材は野菜だけではありません。

魚や肉、加工食品など様々な食材を扱っており、扱う食材すべてに対して「つくった人が自分の子供に安心して食べさせることのできる」という理念を掲げています。

その理念を実現するためにオイシックスでは安全性に対する厳しい独自基準を定めて、信頼のおける生産者の顔が見える食材のみを取り扱っているようです。

完全栄養食
ベースフード
200円OFFクーポン
クーポンコード:
有効期限:2022年2月28日 ※おひとりさま1回限り有効
コスパ◎宅配弁当
メディミール
500円OFFクーポン
クーポンコード:
有効期限:2021年11月30日 ※おひとりさま1回限り有効
※利用には会員登録が必要です
サクじゅわ 牛タン
伊達のくら
10%OFFクーポン
クーポンコード:
※おひとりさま1回限り有効

オイシックスの野菜は安全?農薬は?化学肥料は?

オイシックスのじゃがいも

農薬や化学肥料などの目に見えない不安を取り除くために、オイシックスでは農作物に対して以下のような安心宣言を掲げています。

  • Oisix 農作物の安心宣言
  • 農薬を使用しないことを目指し、できるだけ農薬を抑えて栽培します
  • 有機質肥料を使ってよい土作りを行い、化学肥料は極力使用しません
  • 詳細な栽培情報を管理し、分かりやすい形で公表します
  • 遺伝子組み換えの行われた農産物の取り扱いは行いません
  • 次亜塩素酸不使用のKit Oisixや安心カット野菜を豊富に取り揃えています
  • 輸入品については、国産品と同等の安全基準のもののみを取り扱います
  • 定期的に残留農薬検査を行うことにより万全を期します

農薬に関しては「使用しないことを目指し」とあるように、扱う野菜は完全無農薬ではありません。

栽培方法を見るかぎり、オイシックスの野菜は有機野菜や減農薬野菜に分類することができそうです。

そして「Oisix基準」という独自の基準を設けており、より厳しく具体的に農薬や化学肥料の使用を制限しています。

栽培方法の違いについてはコチラを参考に!

無農薬と有機野菜の違いは?農薬の使用や栽培(農法)について農家が解説

農薬

Oisix基準による農薬の取り決めは以下の通りです。

  • 農薬に関するOisix基準
  • 無登録農薬の使用を禁止します
  • 適用外農薬の使用を禁止します
  • 残留時に発ガン性の疑いがある農薬を禁止します
  • 除草剤に関しては、必要最小限の使用を除き原則禁止します
  • 農薬使用回数、および化学肥料使用回数制限に関しては、極力減らすことを前提に、有機JAS認定栽培であること、栽培期間中当該地域慣行栽培の5割以下にすることを基準とします

完全無農薬ではありませんが、一般的な慣行栽培に比べると農薬の使用量は半分以下に抑えられており、使用しなければいけない状況では農薬の品質まで厳しく制限されています。

農薬に関しての基準は本当に細かく制限されており、その情報がすべて公開されているというのも好印象です。

Oisix安全基準詳細

肥料

掌の上ののせた畑の土

肥料は原則として化学肥料を使わずに有機肥料を使っているそうです。

有機質たっぷりの健康で栄養ある土づくりを行っており、味の濃い安全な野菜作りに力を注いでいます。

吹き出し/ライターたっさん

食べ物が僕たちの体を作るように、野菜を作るのは土です。農薬や化学肥料に頼らない健康な土から生まれる野菜は、力強く濃厚な風味と安心感を持っています。

放射能

さらにオイシックスで扱うすべての食材は、国から指定された検査機関が用いる「ゲルマニウム半導体検出器」を使用して出荷前の放射能検査が行われています。

検査はOisixの配送センターで実施されており、放射性ヨウ素及び放射性セシウムが「不検出」を確認できたもののみを出荷しているそうです。

これらの基準はすべて第三者機関により毎月チェックされています。チェックするのは学識経験者と消費者の主婦6名からなる「食質監査委員会」。「自分の子供に食べさせたい」という観点では、主婦の目に勝るモノなどないかもしれませんね。

農薬と肥料、放射能、そしてそれらに対するオイシックスの考え方から見ると、オイシックスの野菜は信頼できる安全性を持っていると思えます。

畜産品や水産品も安全にこだわっている?

放し飼いの鶏

オイシックスが扱う食材には肉や卵などの畜産品、魚などの水産品もあります。野菜のこだわりはしっかりと伝わりましたが、これらの食材はどうなのでしょう?

チェックしてみたところ、畜産品にもしっかりと安心宣言がされていました。

  • 肉・卵の安心宣言
  • できるだけ自然に近い環境で育てられた、健康な畜産物のみを取り扱います
  • 飼料の配合内容・配合比率などの情報については事前にOisixに提示し、Oisixが承認したものに限ります
  • 成長促進剤や抗生物質の使用を必要最小限に抑えた畜産物のみを取り扱います
  • 育て方や飼育場所などの素性が明らかな畜産物のみを取り扱います

狭い飼育場に入れられて大量生産を目的とした畜産物は、食味も安全性も高いモノとはいえません。

家畜や環境にも配慮した畜産品を選べるオイシックスのこだわりは、信頼できるものと言えるのではないでしょうか。

飼料の情報や育て方などまで公開されているというのは、とても安心できるポイントです。

吹き出し/ライターたっさん

養鶏をやっている友人がいるのですが、自然に近い環境で育てられた鶏の卵は一般的な卵とは全くの別物!しかしとても手間暇のかかる仕事です。オイシックスのような大手会社がこのような事に取り組むのは、本当に素晴らしい事だと思います。

それでは水産品はどうでしょう?

  • 魚の安心宣言
  • 天然の魚は、水揚げされた漁港および水域が確認できるもののみを取り扱います。
  • 水揚げ後の薬剤処理の使用を必要最低限に抑えたもののみを取り扱います
  • 養殖の魚は、飼料に薬剤や抗生物質を使用せず、やむをえない場合も必要最低限とします
  • 冷凍魚は、旨みを逃さない独自の方法で、水揚げ後産地ですぐに行い、品質保持に努めます

水産品にも安全宣言が明記されていて、飼料の薬剤や抗生物質などの普通では確認できないようなところまでも考えてくれています。

畜産品や水産品の安全性も信頼できそうです!

加工食品は大丈夫?保存料などの添加物は?

オイシックス商品ページのハム説明

オイシックスではハムやベーコンなどの畜産加工品、シーチキンなどの水産加工品、さらに調味料やミールキットまで、様々な加工食品を扱っています。

これらの加工食品で気になるのは、保存料や着色料などの添加物。

一般的な加工食品では、味や見た目をよくするための人工甘味料に発色剤、保存期間を長くするための合成保存料など、多くの添加物が用いられています。これらの添加物は様々な健康被害の懸念が持たれていると言われており、安全性の面では心配も多いのではないでしょうか?

ですがオイシックスの加工食品は合成保存料や合成着色料は一切用いず、自然な調味料のみを使って素材の味を生かした加工がされています。

商品の特性上で添加物を使用しないと作るのが難しいモノに関しては、厳しい基準を設けたうえで必要最低限の量を使用するようにしているそうです。

その際に使用される添加物の情報もすべて公開されています。加工食品も信頼できる安全性を持っていそうですね!

オイシックス食材の選び方

ご紹介してきたオイシックスの食材は全てオイシックスのサイトで買うことができ、商品ページには原材料や農薬の有無など詳しく表記がしてあるので安心して買い物をすることができます!

ですが農薬の表記に関しては少しわかりづらいなと感じる部分がありましたので、ご紹介させて頂きたいと思います。

オイシックス商品ページのほうれん草詳細

上の画像は三重県産ほうれん草の紹介ページです。栽培基準のところには「薬減化減」と書かれています。

この部分の表記は何種類かあり、農薬や化学肥料の有無、栽培方法などを表しています。

  • 商品ページで確認する農薬・化学肥料の有無
  • 薬無化無=農薬・化学肥料不使用
  • 薬減化減=農薬減・化学肥料減
  • 有機栽培=有機栽培(有機JAS認定の農薬使用の可能性あり・化学肥料無)
  • 水耕薬減=水耕栽培・農薬減

以上のような表記が16種類存在していて、表記の意味はオイシックスの安全基準のページですべて確認することができます。

農薬や化学肥料を使われていない野菜を選びたい方は、「薬無化無」や「有機栽培」の商品を選ぶと良いでしょう。

これらの表記がある野菜は、オイシックスの他の野菜に比べると値段が少し高くなります。

オイシックス商品ページのウインナー詳細

加工食品の商品ページにも原材料の表記が書かれています。

コチラは山形県産のポークウィンナー。化学的な添加物が使用されていない、ナチュラルなウィンナーです。

吹き出し/ライターたっさん

ウチの5歳の娘も大好きなウィンナー。一般的なウィンナーには添加物が含まれていることが多いのですが、このウィンナーなら安心。
まさしく自分の子供に食べさせたい商品です!

このような表記を見ながら自分好みの商品を探せるのが、オイシックスの良いところ。

買い物を楽しみながら、安心で安全な食材を購入することができます!

家族で食べたいオイシックスの食材

オイシックスのパンフレット、家族の食卓の風景

オイシックス食材の安全性について調べてみました。

オイシックスではすべての食材にこだわりを持っており、そのこだわりや普段目に見えないような情報もしっかりと公開してくれています。

こだわりを持って丁寧に作られた野菜や選び抜かれた食材は、「つくった人が自分の子供に安心して食べさせることのできる」というオイシックスの理念そのもの。

信頼できるオイシックスの食材で、美味しくて安心な楽しい食卓を囲んでみませんか!

オイシックスの食材を未体験の方に、まずはお得なおためしセットがおすすめです!

56%OFFお試しセット1.980円
オイシックス公式ページ