refresh更新情報
この記事は2020/4/24に修正を加え、アップデートしています。

はじめまして。

現役兼業農家でバーテンダー、そしてWebライターでもある「たっさん」と申します。

これからDeliciousplusで宅配野菜や有機野菜など、野菜や農業に関する記事を書かせていただくことになりました。どうぞよろしくお願い致します。

僕のこと

まずは僕のことを少し説明させて頂きます。

年は30代後半、僕と妻、5歳の娘と猫3匹で山梨県に住んでおり、現在は夫婦で小さな飲食店を営んでいます。

お店のある場所は標高1000メートルほどの山間地。古くから高原野菜やお米など、農業が盛んな地域です。

2012年よりこの場所へ移住し、有機農家で1年の研修を受けた後に専業農家として独立。農薬や化学肥料を使わずに野菜を作っていました。

2年間の専業農家を経て、2016年に前職のバーテンダーの経験を活かしてお店をオープン。

お店の横には20坪ほどの小さな畑があり、現在もそこで年間20種類くらいの野菜やハーブを作りながら、作った野菜はお店の料理に使ったりカクテルやスムージーなどに使ったりしています。

完全栄養食
ベースフード
200円OFFクーポン
クーポンコード:
有効期限:2021年2月28日 ※おひとりさま1回限り有効
コスパ◎宅配弁当
メディミール
500円OFFクーポン
クーポンコード:
有効期限:2021年3月31日 ※おひとりさま1回限り有効
※利用には会員登録が必要です
産前産後の体にやさしい
ママの給食
500円OFFクーポン
クーポンコード:
有効期限:2021年3月31日 ※おひとりさま1回限り有効
※利用には会員登録が必要です
サクじゅわ 牛タン
伊達のくら
10%OFFクーポン
クーポンコード:
※おひとりさま1回限り有効

なぜ農業をはじめたのか?

農業を始める前までは、約12年間東京でバーテンダーとして仕事をしていました。

ある日、友人の両親が山梨に別荘を持っている、なんて話を聞き、休みを利用してその別荘へ遊びに行くことになりました。

1週間ほどの滞在中、近隣のマルシェイベントを覗きに行ったときに1人の農家さんと出会います。

生産者との初めての出会い

その農家さんは奥さんと2人で有機農法を用いて野菜を作る個人農家さんでした。

その時の僕は飲食店で勤めていながらも有機農法がどういったものなのかも知らず、考えたこともありませんでした。

「農薬を使ってない野菜なのかな?なんだか地球や体に優しそうだな~」くらいの認識です。

お店では八百屋さんにファックスを送ればだいたいなんでも持ってきてくれますし、八百屋さん以前の野菜はどこからきてどう作られているのか、ということを深く意識したことがなかったように思います。

マルシェイベントで初めて「生産者」という方に会い、実際にお話を聞けることになったのです。

有機農家との出会いで受けた衝撃

お話を聞いて、その農家さんの野菜に対する思いや日々の暮らし方、食べさせてもらった野菜のおいしさに衝撃を受けたことを今でも覚えています。

食べさせてもらったのは「赤からし水菜」と「みやま小カブ」という野菜でした。

どちらも柔らかくて甘くて濃厚な味わい、それでいて優しく、体にスーッと入っていくような感覚。

「有機野菜ってこんなにおいしいものなんだ!!」

種を蒔いて手間暇をかけて育て、感動を受けるほどの野菜を作ってそれを生業とする。暮らし方から作る野菜のおいしさまで、すべてが衝撃的な出来事でした。

それ以来そのことが頭から離れずに、有機野菜そして有機農家という仕事に強烈に惹かれてしまいました。

その約2年後には出会った農家さんのもとで有機農家としての研修を受けさせて頂くこととなり、農家としての第一歩を踏み出すことになりました。

実際に農家として働いてみて

1年間の研修は土作りから種蒔き、細かな日々の農作業から出荷作業まで個人農家としての経験を一通り経験させて頂き、あっという間に過ぎていきました。そして研修後の2年間を専業農家として農業に従事します。

専業農家としての経験は3年ほどですが、その間に1番思ったことは、「農業はとにかく大変!!」ということです。雨が降ったり日照りが続いたり、獣に畑を荒らされたり、台風で苗が飛んでいったり…

自然が相手の農業は、思うようにいかないことばかリでした。

有機農法の野菜はやっぱり美味しい

農法には様々なものがありますが、僕が研修していた農家さんは農薬も化学肥料も用いない有機農法の農家さんです。

有機農法は従来の慣行農法に比べると効率も収穫量も低いものとなります。

草が生えれば手で取りますし、虫が付けば手作業で駆除します。(そうじゃない場合もあります)

有機肥料は化学肥料よりも使い勝手が難しいですし、その効果もゆっくりとしたものです。

しかし、草を枯らす薬を撒かず虫を殺す薬も撒かず、自然の肥料を用いて土に力を蓄え、ゆっくりと手間暇をかけて育てる野菜。慣行農法が悪いものということではありません。ですが、手間暇をかけた有機農法の野菜は、慣行農法に比べて安心でおいしい野菜が作れると確信しています。

そしてその野菜は農家さんの日々の仕事と努力、積み重ねられてきた知恵と経験で作られているのだなと実感することができました。

現在とこれから

現在はお店との兼業で年間20種類くらいの野菜を作っています。兼業農家ともいえないほどの小さな規模ですが、畑仕事を続けて6年が経ちました。

色々な失敗をしながらではありますが、農薬、化学肥料は使わずに自然の恵みと厳しさに付き合いながら日々楽しく畑と向き合っています。

農業の経験のおかげで身近に相談できる農家さんもいますし、土地柄有機野菜が手に入りやすい環境でもあります。

僕の経験したことや農家さんの知恵を活かし、サイトを訪れてくださる方々に有機野菜のおいしさや安全性などをお伝えして、日々の食卓がより楽しいものとなるよう、そのお手伝いをさせて頂ければいいなと思っています。
これからもどうぞろしくお願い致します。

有機野菜の宅配ビオ・マルシェ 100%有機の野菜をお届け!

Greenspoon